仮想通貨でホテルステイしてきました

仮想通貨って投機対象としては選択肢多いものの、実需で使える場面がまだまだ少ないと感じていませんか?

そんな方のために、「travala」というサービスについて、紹介したいと思います。

travalaは、世界最大の旅行サイトExpedia(エクスペディア)に掲載されているホテルであれば仮想通貨で決済できる旅行サイトです。

私個人としても、↑のTwitterで紹介したソラノホテルだけでなく、コンラッド東京や、

箱根の温泉旅館、天悠(てんゆう)にも仮想通貨決済で宿泊させて貰いました。

エクスペディア経済圏である230ヶ国、220万超のホテルが仮想通貨決済できるとなれば、旅行が捗りますね。

travalaとは?

travalaは2017年に設立され、先日世界最大手の仮想通貨取引所のBinanceに買収されました。

そのため、バイナンス発行のステーブルコイン(=法定通貨と連動性を高めた仮想通貨)であるBUSD(=米ドルと連動)の決済が可能です。

他にもBNBやUSDT、travala.comが発行している独自仮想通貨AVAでも決済が可能になっています。

さらに、

  • 宿泊後、会員ステータスに応じたAVA付与(2-10%)
  • 全額AVA決済の場合、エクスペディア提示額からさらに2-3%相当のディスカウント

といったベネフィットあり、おトク感満載です。

実際の予約方法

予約方法ですが、一般的な予約サイトと変わらず、

  • ホテル名、地名等で検索
  • 泊まりたい日を選択
  • ホテル選択
  • 予約

といった流れです。

↑は、2022/8/13(土)-14(日)のハイシーズンにて、「リッツカールトン東京」と日本語で検索した結果になります。

エクスペディアの価格なので特段割高感もなく、予約することが可能です。

予約者情報等を入力後、決済方法を選択します。

cryptocurrencyを選択すると、決済する仮想通貨選択画面になります。

例えばAVAを選択すると上の画像のように表示されますので、「Complete Reservation」を選択し、生成された決済用アドレスに対し、Binance等から送金することで決済完了となります。

自分はレートが分かりやすい、BUSDを決済手段に使っています。

ベストレート申請にも対応!

travalaの良いところは、他社サイトで安い同一プランがあれば、ベストレート申請することにより同一料金に値下げして貰える点です。

そのため、travala経由で予約すれば、必ず最安値にすることが可能になります。

下記のような簡単な英文で、support@travala.comへメール送信することで、最安値に変更して貰えます。

I found cheaper price after I booked room. please confirm.

Booking code:【予約コード】

Order number:【予約番号】

cheaper website URL:【agoda.comなど他社で安かったサイト】

自分もベストレート申請したことがあり、24時間以内にレスポンス頂くことができました。

(そのときは残念ながら、若干部屋プランが違い申請通りませんでした。)

今なら紹介コードで25ドル貰えます

今なら紹介リンク経由で、25ドル相当のギフトも貰えます。

(紹介した側も25ドル貰えます!)

travalaを使って、新しい旅行の形を体験してみませんか?

最後までご覧頂きありがとうございました

このブログを書いているのはこんな人です。良かったらプロフィールをご覧くださいね。

会社員投資ブログは【こちら】

最新情報もSNSで配信中!

ブログ以外でも、

やっています。フォロー頂けると、最新情報やブログ非公開の話、オフ会情報などを受け取れます。

KAZU
金融基礎知識を身に付けたい方向けに、kazuの金融講座もやってますよ。

ありがとうございました。

Donate with IndieSquare

この記事をみんなとシェアする・・Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkazuをフォローしよう!

仮想通貨で決済できる旅行サイト「travala」を使ってみた!使い方からベストレート申請まで一挙公開
Tagged on: