DeNA本社行って来ました!

14735659475910.jpg

カーシェアリングビジネスを行うサービスの中でも、anycaはユーザー数が伸びそうなサービスだと考えています。

今回はそんなanycaの説明会に参加したいと思い、運営するDeNA本社が入居する渋谷ヒカリエに出向き、いろいろ聞いてきたので、ブログでシェアしたいと思います。

関連記事:年間利回り14%?個人間カーシェアリングanyca(エニカ)に参入しました!

車の稼働率はたった3%

14735659476371.jpg

日本には車が6000万台ありますが、時間ベースで実際に使われている割合は、たったの3%しかないそうです。

これを聞くと、スマホで容易にシェア出来る時代となった今、所有する意味ってなんだろ?ってなりました。

確かに3%を10%に引き上げるだけでも、世の中がより効率的になり、車に使われていたリソースを他に回せるようになるため、カーシェアは社会的意義も大きいと思います。

anyca運営側でも、スマホで施錠・解錠できるスマートキーを現在開発中で、2017年中を目処にリリースする予定とのことでした。

このスマートキーの登場でカーシェアがより利用しやすくなれば、車の稼働率をさらに高められるようになりそうです。

あくまで契約は共同利用

14735974468422.jpg

許可を受けた事業者以外は現在レンタカー事業を行うことが出来ず、法律違反となってしまいます。

anycaもその点を強く主張し、保有者とドライバーを繋げ、法律でも謳われている”共同利用”を促すサービスを提供しているとしています。

そのため営利目的の法人登録や、車取得費・維持費を超える料金徴収は出来ないようになっています。

人気の車種は?

アプリを見ると一見ポルシェなど海外高級車が人気そうで、実際問い合わせも多いそうです。

ただ、この手の高級車が選ばれるのは最初の1,2回で、それ以降は身近な大衆車や、使い勝手のいい車が選ばれる傾向があるそうです。

もしカーシェアを投資対象として考えるのであれば、リピーターがついてくれそうな車を、リピーターがいそうな場所に配置するのがいいかもしれません。

実際リピーターと言っても、周辺で2,3人使ってくれる方がいれば回転するので、そんなに気を張る必要はなさそうでした。

リピーターが付いた人気車種は、多いときは月20万円以上稼ぐことができたそうです。

どのくらいシェアできる?

14735662331510.jpg

シェアされる頻度は、立地と価格設定次第のようですが、東京都内で価格が適正な車であれば、1度もシェアが入らない車は珍しいとのことでした。

数値としても、サービス開始からちょうど1年で登録車種500車に対し、延べ利用日数は10000日以上とのことだったので、単純平均して1年間で20回/台が利用されているようでした。

もちろんエリアによって利用される頻度は変わり、都内では渋谷を筆頭に、やはり山手線周辺が利用率が高いそうでした。

 

いろいろ情報仕入れられた上、anycaのロゴ入りステッカーも貰え、有意義な一日となりました。

さっそくノートパソコンに貼っとこうと思います。


最後までご覧頂きありがとうございました

このブログを書いているのはこんな人です。良かったらプロフィールをご覧くださいね。

会社員投資ブログは【こちら】

最新情報もSNSで配信中!

ブログ以外でも、

やっています。フォロー頂けると、最新情報やブログ非公開の話、オフ会情報などを受け取れます。

KAZU
金融基礎知識を身に付けたい方向けに、kazuの金融講座もやってますよ。

ありがとうございました。

Donate with IndieSquare

この記事をみんなとシェアする・・Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkazuをフォローしよう!

カーシェアリングanyca説明会で渋谷ヒカリエにあるDeNA本社に行ってきました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*