スタバ発祥の地、シアトルを探索

仕事でシアトルへ行く機会があったので、スタバ巡りしてきました。

スタバ

 

特に買っておきたかったのが、スタバ1号店だけで売っているタンブラー。
観光客で行列できてましたが、何とかゲットできました。

さて、一応投資ブログなので、経営面も軽く触れときます。

スタバの次の戦略とは?

スタバと言えば、2020年までに現在の売上高を約2倍にし、300億ドルとする計画を打ち出しています。

その要となるのは、単価の高いコーヒー豆「STARBUCKS Reserve」を中心とした、ハイクラス商品のブランディング強化です。

今回のシアトル探索では、そのブランディング強化のために作られた、焙煎工場&カフェへも行ってきました。

焙煎工程を見学できる店舗ロースタリー

店内

 

店内は2階建てで開放的な空間となっており、挽きたてのコーヒーを頂けます。

目の前には大きな焙煎機などがあり、生産工程がよく見えるよう工夫されています。

 

店内2

 

他にもSTARBUCKS Reserveブランドのタンブラー等を販売しており、観光客が次々と買っていっていました。

私もタンブラーを2ケ(合わせて6000円ほど)購入。
日本では並行輸入品しかなく、1ケ6000円ほどで販売されているため、割安にゲットできます。

せどりやっている人にとってはチャンスかもしれません。

2016年はアジアでブーム?

まだまだ日本では知名度低いSTARBUCKS Reserveですが、ブランディングのために、国内では7店舗限定で取り扱っているだけのようです。

しかし2016年にも、今回紹介した焙煎工場型店舗をアジアに展開予定であり、そのときには一気に知名度が上がりそうです。

スタバ好きであれば、Reserveロゴ入りタンブラーを早く手に入れておきたいですね。

 

最後までご覧頂きありがとうございました

このブログを書いているのはこんな人です。良かったらプロフィールをご覧くださいね。

会社員投資ブログは【こちら】

最新情報もSNSで配信中!

ブログ以外でも、

やっています。フォロー頂けると、最新情報やブログ非公開の話、オフ会情報などを受け取れます。

KAZU
金融基礎知識を身に付けたい方向けに、kazuの金融講座もやってますよ。

ありがとうございました。

Donate with IndieSquare

この記事をみんなとシェアする・・Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkazuをフォローしよう!

スタバ好き必見!シアトル来たのでスタバ焙煎工場見学してきました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*