使い勝手が良いみずほ銀行

先日ふと思ったのですが、ネット銀行にログインする機会がほとんど無くなっていることに気づきました。

なぜかと言うと、ネット銀行を使うメリットだと感じていたことが、メインバンクのみずほ銀行でカバー出来るようになってきたからです。

2007年〜2012年頃のネット銀行黎明期はメリットがたくさんあったのですが、メガバンクもだいぶキャッチアップしてきているようです。

後ほど説明しますが、ちょっとしたことで「みずほ銀行で他行振込手数料が月4回まで無料」に出来てからは、みずほ銀行一本でいいと感じています。

今回はネット銀行とみずほ銀行を比較した上で、どうすれば上記特典がもらえるか、紹介したいと思います。

ネット銀行v.s.みずほ銀行

まずは、私が使っている住信SBIネット銀行とみずほ銀行で、メリットの比較表を作成しました。

項目 住信SBIネット銀行 みずほ銀行
国内店舗数 なし 420店舗
ATM手数料 月4回まで無料 月4回まで無料
振込手数料 月3回まで無料 月4回まで無料

これまではネット銀行の振込手数料が月3回まで無料というメリットを使うため、

給与口座のみずほ銀行からATM出金

住信SBIネット銀行に入金

住信SBIネット銀行から振り込み(無料)

という手順を取っておりましたが、結構手間に感じていました。

しかし、みずほ銀行からの振込手数料が月4回まで無料となってしまった今、すべてがみずほ銀行で完結するため、よほどのことがない限り住信SBIネット銀行は使わなくなってしまいました。

もちろんネット銀行の方が金利は高いですが、金利をベーシス・ポイント表示に変えた方がいいじゃないかと思うくらい低金利の今、どちらも大差だと感じません。

むしろ震災のような非常時に、ATMしか使えないネット銀行よりも、実店舗を400店舗以上持っているみずほ銀行にお金を預けていた方が安心だと思います。

ネット銀行は給与振込先に設定出来ない場合もあり(今の勤務先はそうでした)、みずほ銀行を選んだ方が何かと便利になっています。

以下で説明するちょっとした手間を、一度だけ行う必要がありますが、それで上記特典が得られるのであればやった方が良いと思います。

振込手数料を無料にするには?

Screenshot 2016-08-26 at 18.45.32

ではどうすれば、みずほ銀行で月4回の振込手数料が無料になったか?

私がやったのは、みずほ銀行でグローバル口座を作成し、たった10ドル預金しただけです。

最低取引金額が1000円または10通貨だったため、10ドルを購入し、現在は1ヶ月物のドル定期預金に入れています。

当時1,199円で取得し、現在レートでは1,053円と146円の損失ですが、たったこれだけで月4回の振込手数料が無料にすることが出来ました。

Screenshot 2016-08-26 at 18.45.57

詳細はみずほ銀行のホームページで確認するのがいいですが、上記のような取引を行うことで、特典を得ることができます。

ですので外貨預金にこだわらず、投資信託や個人向け国債でもOKです。

ただインデックスファンド以外は、ネット証券会社に比べ手数料割高な商品が多いので、注意が必要です。

無難に外貨預金が一番だと思います。

ちょっとしたことですが節約になるので、是非やってみてください。

関連記事:みずほ銀行マイレージクラブの規約変更!気になる特典への影響はどうなったか?

最後までご覧頂きありがとうございました

このブログを書いているのはこんな人です。良かったらプロフィールをご覧くださいね。

会社員投資ブログは【こちら】

最新情報もSNSで配信中!

2015年8月からLINE@始めました。詳細は【コチラ】

他にも

やっています。フォロー頂けると、最新情報やブログ非公開の話、オフ会情報などを受け取れます。

KAZU
金融基礎知識を身に付けたい方向けに、kazuの金融講座もやってますよ。

ありがとうございました。

Donate with IndieSquare

この記事をみんなとシェアする・・Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkazuをフォローしよう!

まだネット銀行使ってるの?みずほ銀行で他行振込手数料を月4回無料にしてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*