仮想通貨オフ会開催しました!

先日2017/7/1(土)は東京・丸の内で、仮想通貨オフ会を開催しました。
(一番左側が自分です。)

参加メンバーは、

  • ベンチャー勤務:Aさん(左から2番目)
  • 貿易会社経営:Nさん(左から3番目)
  • 不動産投資家:Tさん(一番右)

と自分で、全部で4人。

オフ会はこのくらいが話しやすくて最適です。

 

告知はLINE@⇨Twitter⇨ブログの順番で基本呼びかけてますので、興味がある方はフォロー下さいね。

(今回はLINE@、Twitterで人数集まったので、ブログでは告知しませんでした。)

 

以下ではオフ会の様子を、紹介していきたいと思います!

全員が取引経験あり

今回はビットコイン中級者を対象としたオフ会だったので、全員が取引経験あり。

ただ、始めた時期がここ3ヶ月くらいの方も多く、以下のような質問に、自分がなるべく分かりやすく解説する形になりました。

  • Webウォレットとハードウェアウォレットとは?
  • ICOって何?
  • ICOはどこで投資出来る?
  • 詐欺コインはどうやって見極める?
  • 仮想通貨に消費税が課されないとどうなる?
  • どの国で盛り上がってる?

上記以外では、8月1日に行われるビットコイン分裂説について、簡単にしか紹介出来なかったので、以下で噛み砕いて紹介したいと思います。

ビットコインは成長痛

そもそもビットコインの価値とは?

そもそもビットコインの価値って何なんでしょう?
ただのデジタルデータにも関わらず、過去にはビットコインを使い本を買ったりしていました。

これは日本銀行券にも言えることで、なぜ、ただの紙切れでモノを買えるようになったか?と同じことです。

 

その理由は、”紙切れとモノを交換出来るものがたくさんある”という、日本銀行券の利用範囲の大きさ、「スケーラビリティ」にあります。

 

みんなが使うようになればなるほど、価値が高まっていくのです。

ビットコインも同じで、(今は投機マネーで高騰していますが、)利用範囲が広がれば、価値はどんどん上がるはずでした。

ビットコインの問題点

しかしその利用範囲拡大には、ネックとなる問題があります。
その代表が、送金処理の遅延です。

セキュリティを担保するため、Proof of Work(PoW)と呼ばれる仕組みをビットコインでは採用していますが、これには10分毎に一定の送金処理しか出来ません。

一方、送金処理は高いマイニングFee(送金手数料)を払うことで、優先的に送金が行われますが、ビットコイン利用者が増えるほど手数料も高くなる傾向にあります。

 

この問題は、ビットコインが発祥したときから問題に上がっていたのですが、最近普及し始めたことで、いよいよ問題に直面するようになりました。

segwitとは?

この送金処理遅延を解消するため、取引データサイズを圧縮するプログラムが既に開発されています。

それが、segwitというプログラムです。

このプログラムが導入されれば、トランザクションの混雑が減り、送金手数料も減少し、より使い勝手が良くなるビットコインは価格上昇するはずでした。

 

しかし、これまで何度か導入を試みてきましたが、失敗に終わっています。

また、8/1に実施されるビットコイン分裂話も、基本的にはsegwitを織り込むための同じ話です。

なぜなら、segwitで不利益を被る反対勢力が、導入を拒んでいるからです。

ビットコインに存在する派閥

ビットコインの運用ルールを変更するためには、ネットワーク上の95%以上の合意が必要と言われています。

またビットコインにおけるステークホルダーは、

  • マイナー(ビットコインを採掘(mining)する人)
  • 開発者
  • ユーザー
  • インダストリー(ビジネスを行っている人・団体)

の4つと言われていますが、segwit導入でマイニングFeeが減少するマイナーが反対勢力となり、導入が実現出来てきませんでした。

まあそれも当然で、上記youtubeのように、ビットコインマイニングを事業化するには多数のマイニングマシンに設備投資する必要があります。

投資の見返りは、10分毎に誰かが採掘出来る12.5ビットコイン(2017年7月時点)+ユーザーが送金手数料として支払うマイニングFeeです。

マイナーは投資を早く回収したいため、マイニングFee減少に繋がるsegwitに同意するインセンティブが働きません。

 

これをユーザー側からsegwit導入を促すウルトラCを決めたのが、8月開始予定のUASF(User Activate Soft Fork)です。

「segwitを導入しないなら、8/1以降のマイニングは、有効な取引として認めないようにしましょう」というルールを適用することになりました。

細かい内容を知りたい方は、下記動画を参考下さい。

結局ビットコインはどうなる?

8月に分裂の可能性が高いビットコインですが、基本的にはsegwit導入の流れにマイナーが追い込まれると予想されます。

ゴネて超過利益を取ってきたマイナーですが、ブロックチェーンの分裂が続けば51%アタックと呼ばれる、ブロックチェーン改ざんリスクが高まり、ビットコイン下落に繋がるためです。

 

ビットコインが無価値になったら、マイナーも投資元本回収が出来なくなりますからね。

基本はsegwit導入⇨ビットコイン価格上昇が王道と思います。

 

一方で、リップルやイーサリウムを大量に仕込み、ビットコイン陥落させアルトコイン高騰を狙っているファンドもあるかもしれません。

どうなるかはインサイダーしか分かりませんが、まずは口座開設が早くて主要通貨が売買出来るコインチェックに口座を開いて、臨機応変に対応するのが良いと思います。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

またオフ会企画したいと思うので、興味ある方連絡下さい!

最後までご覧頂きありがとうございました

このブログを書いているのはこんな人です。良かったらプロフィールをご覧くださいね。

会社員投資ブログは【こちら】

最新情報もSNSで配信中!

ブログ以外でも、

やっています。フォロー頂けると、最新情報やブログ非公開の話、オフ会情報などを受け取れます。

KAZU
金融基礎知識を身に付けたい方向けに、kazuの金融講座もやってますよ。

ありがとうございました。

Donate with IndieSquare

この記事をみんなとシェアする・・Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkazuをフォローしよう!

ビットコインが8月に分裂??仮想通貨オフ会を実施しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*