セミナー行ってきました

先日は3日間連続で汐留で開催されていた、ブライアン・トレーシーという方のビジネスセミナーに行ってきました。

ブライアンのセミナーは実質1日だけだったのですが、さすが3日で10万円ということもあり、とても面白いセミナーでした。

今回は、ブライアン・トレーシー提唱の「フォーカル・ポイント」の大切さについて、紹介したいと思います。

過去に何の意味があるのか?

  • 良い大学に行かなかったから、今が不幸だ
  • 女の子と遊びたいけど、イケメンじゃないから無理だ
  • 仕事していない先輩の給料が高くてムカつく
  • ブラック企業過ぎて、生活にゆとりがない

など、ネガティブな感情は誰でも思ったことがあると思います。

では、自分の一日を振り返ってみたとき、24時間のうちどのくらいネガティブなことを考えています?

一日の大半を「できない」「無理だ」などと考えていると、その結果が現実になってしまうというのが、ブライアンの主張です。

ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」でも書かれていましたよね。

そしてその場合、

  • 過去の栄光に囚われている
  • 責任を他人・社会のせいにしている

ケースがほとんどです。

そして、過去や他人に囚われていても、何も面白くない。

地元の同窓会に参加すると、昔話や社会批判ばかりでめちゃ退屈しません?

同窓会に参加するくらいなら、一人でブログ更新してる方が断然楽しいです。

過去にとらわれていても、何も変わらないんです。

未来を変えるために今やること

ブライアン・トレーシーのセミナーでは、

  • 他責から自責へマインドを変える大切さ
  • 自分がなりたい未来をイメージする
  • 変化することを恐れない
  • 理想に近づくため、今やるべきことを整理する

について主張されていました。

周りを気にせず、自分の幸せを追求する考えは、アドラー「嫌われる勇気」にも書かれていましたね。

 

似たようなところでは、ホリエモンが近畿大学で行ったスピーチも、「過去にとらわれず、未来を恐れず、今を生きろ」というストレートな主張も、けっこう好きです。

結局、自分の未来を変えたいのなら、今やっていること・考えてることが正しいか?自問しなさい、と。

真に重要なことに時間を使う

過去の実績なんてなくても、未来思考であれば結果は出てきます。

ただ結果を出すまでのスピードは、真に重要なことに、どれだけ時間を使えたか?によって左右されます。

ブライアン・トレーシーはこの「集中して行うべき事項」を、”フォーカルポイント”という言葉で紹介しています。

今回のセミナーではやりたいことを書き出した上で、フォーカルポイントの整理の仕方などについて学びました。

 

この辺の考え方は、マッキンゼー出身の安宅和人氏著「イシューからはじめよ」なども、参考になると思います。

7時間近いセミナーでは、自分らしく生きるための考え方や方法について、体系的に復習できる良い機会となりました。

ブログ読者とオフライン交流しているkazuの金融講座は、セミナーシェア会も兼ねているので、興味ある方は直接質問してくださいね。

最後までご覧頂きありがとうございました

このブログを書いているのはこんな人です。良かったらプロフィールをご覧くださいね。

会社員投資ブログは【こちら】

最新情報もSNSで配信中!

ブログ以外でも、

やっています。フォロー頂けると、最新情報やブログ非公開の話、オフ会情報などを受け取れます。

KAZU
金融基礎知識を身に付けたい方向けに、kazuの金融講座もやってますよ。

ありがとうございました。

Donate with IndieSquare

この記事をみんなとシェアする・・Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkazuをフォローしよう!

愚痴ってる暇はない!ブライアン・トレーシーセミナー行ってきました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*