ゴジラと金融危機は似ている?

今週は話題の映画「シン・ゴジラ」を観てきました。

想定されうる災害に対しては訓練や対応マニュアルを作ってきた日本政府ですが、ゴジラという全く想定外の新種生物の登場に対しては機能せず、破壊されていく東京をみて国民がパニックを起こします。

果ては世界を脅かし、国連だ何だが動いて世界に緊張が走りますが、偶然に近い形でゴジラを制圧することができ、危機を切り抜けた国民がこれから造っていきたい未来を考える、という内容です。

大体予想通りのストーリーだったのですが、情報の錯綜や政治組織の複雑さ、最適とは言えないが危機に対しスピーディーに判断していく姿は、手に汗握るほど映画に惹きこまれる、とても面白い映画でした。

ここまではただの感想ですが、”サブプライムローンに端を発した金融危機”も、形を変えたゴジラだよな・・と、ふと気付きました。

今回はゴジラとサブプライムローン金融危機の類似点を紹介しようと思いますが、ネタバレ注意のため、まだシン・ゴジラを観ていない方は後で読んでくださいね。

テクノロジーと欲望

ゴジラは映画の中で、ずさんな管理下で海底に捨てられている、原子力発電によって発生した放射性物質を食べることで、極度に進化した新種生物となっていきます。

サブプライムローン危機も同じく、金融工学というテクノロジーを使う中で、以下の当事者の利害が一致してしまい、返済見込みのない人にまで積極的融資が行われるモラルハザードが放置されたことが原因となっています。

  • 機関投資家:低金利を背景とした高利回り商品への投資意欲
  • 証券化商品担当者:機関投資家向けにシニア、メザニン、エクイティなどリスククラス別販売による巨額ボーナス
  • ローン会社:とにかく貸し手を見つけ、証券化商品を組成する投資銀行へ売却することで入る手数料収入

過度な融資実行により不動産価格上昇が起きましたが、高すぎて買えない貧困層も出てきた段階から地価上昇が止まり、利息を払えなくなった人が不動産売却を始めたことからバブル終焉となりました。

現状に対する楽観視

映画の序盤ではゴジラは存在しない、海洋生物のため上陸できないなど、根拠のない静観を行い、意思決定が後手に回ることがありました。

サブプライム危機でも比較的小さなローン会社倒産が増加していたり、ベア・スターンズ参加のファンドが経営危機になるなど兆候はありましたが、経済全体への大きな影響はないものとして、対応が後手に回りました。

当初見通しを大幅に超える危機

映画中盤でゴジラが再登場したときには、想定よりもゴジラが巨大化している、ミサイルが効かない、最終防御ラインの多摩川防衛が保持できないなど、想定されなかったことが次々に発生し、パニックが起こります。

2007年6月に格付け会社によるサブプライム関連商品の一斉格下げが行われ、BNPパリバ傘下のファンド凍結、資金確保を目的とした流動性の高い資産売却による株価下落、ベア・スターンズ危機など、まさかここまで影響すると思わなかったことが起こり続けます。

危機下における場当たり的対応

刻一刻を争う中で完璧な対応を行う方が無理なのですが、ゴジラの中でも場当たり的対応が見られます。

ベア・スターンズ危機の際にはFRBの支援を付けJPモルガンによる救済を実行させたり、住宅公社の救済をする一方で、リーマン・ブラザーズへは政府は支援に応じませんでした。

リーマンと同時期に経営危機に陥ったAIGについては政府による救済が決定するなど、政治判断によって生き残れるかが決まるため、市場には不安が溜まっていく時期となりました。

最も危ないのは人間の判断

映画の中で、ゴジラを核兵器を使い倒そうという意思決定が、日本以外の国で構成される国際連合の常任理事国が行います。

核兵器使用については、どんなリスクがあるか分からないにも関わらず、遠く離れた日本だからという理由で保身に走ったのだと思います。

同様に世界同時不況についても、様々な経営危機が出てきた時期でしたが、最も経済低迷に結びついた出来事は、下院での金融安定化法案の否決でした。

市場マインドが悪化している環境下で、国会が金融安定化法案を承認するのは当然として誰もが思っていた状況で、大量造反による下院否決が決定したのです。

当然株価は暴落し、焦った下院は翌週には法案を可決するのですが、一度市場からの信用を失ってしまうと回復は難しく、長期に渡る景気低迷に突入しました。

下院は次回選挙で有権者の支持を集めるためだけの政治的行動でしたが、人類ならではの保身を目的にした判断は、結果として大きな損失を生む可能性が高そうです。

 

サブプライムローン危機の発生した要因については、下記本の7章「バブルの発生とその崩壊」を参照しました。

内容もドラマチックに書かれていて、読み物としても面白いので、オススメです。

 

最後までご覧頂きありがとうございました

このブログを書いているのはこんな人です。良かったらプロフィールをご覧くださいね。

会社員投資ブログは【こちら】

最新情報もSNSで配信中!

2015年8月からLINE@始めました。詳細は【コチラ】

他にも

やっています。フォロー頂けると、最新情報やブログ非公開の話、オフ会情報などを受け取れます。

※2017/1月、kazuの金融講座を開講しました。LINE@、google+、Twitterでお気軽にお問い合わせ下さい。

ありがとうございました。

Donate with IndieSquare

この記事をみんなとシェアする・・Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkazuをフォローしよう!

映画シン・ゴジラよりサブプライムローン危機の方が恐怖?類似点を整理してみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*