2016年6月の話ですが、高校時代の友人と台湾へ行ってきました。

台湾は物価も安く、節約旅行をしようと思えば驚くほど安く海外旅行ができるため、個人的にも好きな国です。

実際今回の台湾旅行でも、ホテル、飛行機、現地での使用した旅費合計は40,561円であり、これで3泊4日を楽しめたと思うとコスパかなり高めだと思います。

お土産代3000円と、食費1.1万を除けばどれだけ安上がりに済んだんだ・・と感心します。

社会人にもなって貧乏旅行かよ!とツッコミも頂くかもしれませんが、お金のない大学生などの参考になることを期待し、今回は格安で台湾旅行に行くことが出来た方法について、紹介したいと思います。

格安台湾旅行するために必要なこと

航空券を半年前に買う

08fec19d3bb4a79d715ccf81f5fde61d_m

旅費で一番大きいウェイトを占めるのが、航空券だと思います。

格安航空券については、skyscannerやトラベルコちゃんなどで調べるのが一般的ですが、超格安航空券はなかなか出てきません。

今回の台湾旅行のようにとにかく旅費を抑えたい場合は、Jetstarなどの格安航空会社で、タイムセールで販売しているチケットを購入する必要があります。

自分も6ヶ月前に売り出されるチケットを購入したところ、台湾までの往復で9,568円と、破格のチケットを手に入れることができました。

航空券については、なるべく早く、計画的に取得するのが安く買うポイントです。

ホテルよりもairbnb

台湾での宿泊先については、通常のホテルではなく、airbnbで民泊することで、予算を抑えることが出来ました。

一人旅で予算を抑えるとなると相部屋方式のドミトリー(カッコよく言うとシェアハウス)一択となりますが、友人複数人で行くのであれば、airbnbを使った方が値段もお手頃で、部屋も安心して使え、清潔感もあります。

14716950839221.jpg

例えば私が泊まったairbnbマンションは、上記写真で分かる通り、白を基調としたオシャレマンションでした。

(ぶら下がっているのが友人です。)

14716950839963.jpg

マンションの中では珍しい2階建てとなっており、吹き抜けになっている構造でした。

オシャレ。

14716950839822.jpg

内観が良いだけでなく、地下鉄の永春駅の真上にある物件で、観光地へのアクセスもかなり良い物件でした。

Screenshot 2016-08-21 at 12

これだけ条件が揃っていて、2人が2泊して合計14,872円(1泊一人当たり3,800円くらい)というのは、かなり割安に宿泊できたと思います。

airbnbの特徴としては、直前まで予約が入っていない物件ほど、貸し手が値段を下げてくる点です。

(最近ではMisterSuiteのような民泊代行会社が、空室にならないよう自動で価格調整してくれるようです。)

上記マンションも、宿泊予定日1週間前に予約したため、通常価格よりもさらに2割以上、安く泊まることができました。

良い物件でハイシーズンだと基本どんどん予約で埋まっていきますが、それ以外の時期は予約をギリギリまで待ってみると、安く泊まれるかもしれません。

また下記クーポン経由でairbnb登録し宿泊すると、2016年8月時点では3,500円分の割引が受けられますので、合わせて紹介しときます。

無題

ネット環境は現地でSIM調達

14716950633520.jpg

最後に、旅を快適に過ごすために必要にも関わらず、つい割高にお金が掛かってしまうのが、通信環境です。

ここは、現地SIMカードを調達して、費用を抑えましょう。

私の場合空港では買わず、taipei railway stationという台北で一番大きい駅の地下街で購入しましたが(上記写真)、空港内にも、中華電信などメジャーな通信会社がプリペイドSIMカードを販売しています。

例えば中華電信では、以下のようなSIMを販売しているので、

I want to buy prepaid SIM card for 3 days!(3日間用のプリペイドSIMカードを買いたい!)

などと言えば、販売してくれます。(旅行客に慣れているので、英語でOKです。)

Screenshot 2016-08-21 at 20.21.45

どのくらい節約出来るか比較すると、以下のようになります。

運営会社 サービス名 通信制限 料金 7泊8日
ドコモ 海外1dayパケ・ホーダイ 無制限 2,980円/日 8,940円(2,980円✕3日)
Gモバイル 台湾データ 無制限 690円/日 2,760円(690円✕4日)
中華電信 3日間データ/Wi-Fi 無制限 300NT$(990円)/3日 約990円

SIMカードはamazonでも売っていることがあるので、そちらを買っておき、飛行機内で差し替え、現地到着時にアクティベートする方法もいいかもしれません。

ただAmazonは若干割高だったり、SIMの保証が効かなかったりするので、個人的には現地調達した方が安心だと思います。

 

以上が、台湾旅行を3泊4日で40,561円という格安で楽しむためにやったことでした。

皆さんも試してみてはいかがでしょうか?

最後までご覧頂きありがとうございました

このブログを書いているのはこんな人です。良かったらプロフィールをご覧くださいね。

会社員投資ブログは【こちら】

最新情報もSNSで配信中!

2015年8月からLINE@始めました。詳細は【コチラ】

他にも

やっています。フォロー頂けると、最新情報やブログ非公開の話、オフ会情報などを受け取れます。

KAZU
金融基礎知識を身に付けたい方向けに、kazuの金融講座もやってますよ。

ありがとうございました。

Donate with IndieSquare

この記事をみんなとシェアする・・Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkazuをフォローしよう!

格安で台湾旅行するために現地SIM、Airbnb、Jetstarを使いこなした結果・・!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*