口座開設完了!

さっそく、口座開設してみました。
⇛図解で分かりやすく!初心者でも15分でできるクラウドバンクへの口座開設方法

正直資金繰りはけっこう厳しいのですが・・
実際に投資してみたかったので、投資してみることにしました。

投資までの3ステップ

今回は口座開設後、実際に投資するまでの流れを3ステップで紹介しようと思います。

ステップ1:入金する

Screenshot 2014-09-17 at 22

なけなしの10万円をかき集め、入金。

ちなみに、入金手続きには、即時入金サービスはありません。

事前に入金額と入金日を申請する必要がありますので、覚えておきましょう。

即時入金サービスに慣れてしまうと、一日待つのが意外と手間に感じます。
まだ立ち上がったばかりのサービスなので、今後の改善に期待ですね。

ステップ2:投資案件を探す

Screenshot 2014-09-17 at 22.31.27

入金が確認できたら、次は投資案件探しです。

投資家目線で注意すべきは、

  • 投資対象が何か?
  • 運用期間はどのくらいか?
  • 保証はあるか?
  • 担保はあるか?

4点は、最低限チェックするようにしましょう。
これ、マストです。

運用期間が長かったり保証・担保がなかったりすれば、当然利回りは上昇しますが、破綻リスクも起きやすくなります

保証ある・なしは投資案件の右上に書かれているので、要チェックです。

ステップ3:金額を決めて、投資!

Screenshot 2014-09-17 at 22.32.48

 

投資してみたい案件が見つかれば、画像をクリックして詳細を見てみましょう。

初投資でちょっと不安だったので、保証あり担保あり投資期間最短の6ヶ月案件に投資することにしました。

利回りは、5.0%です。

「この商品に投資する」ボタンを押して、金額入力画面へ。

Screenshot 2014-09-17 at 22.33.13

泣けなしの10万円を、選んだ案件に全額投資します。

※金額選択に1円単位で入力できるボタンがありますが、たぶん誰も使わないのでは・・笑

「次へ進む」ボタンをポチッとすれば、確認画面が出てくるので、確認して投資完了です。

投資案件決定後、なんと7.0%案件が・・!

さて投資手続き完了ー。と思っていたら、なんと「10億円突破記念キャンペーン」で利回り7.0%が出てきました!

もう5.0%案件で投資実行済だったので、 最悪です・・。

担保無し案件ですが、手数料還元による特別利回りとのことなので、すぐに売り切れになりそうですね。

過去に行った同様のキャンペーンでは数日で売り切れたようなので、投資枠が残っていれば急いで買い進めるべきだと思います。

買いたかったー。


最後までご覧頂きありがとうございました

このブログを書いているのはこんな人です。良かったらプロフィールをご覧くださいね。

会社員投資ブログは【こちら】

最新情報もSNSで配信中!

2015年8月からLINE@始めました。詳細は【コチラ】

他にも

やっています。フォロー頂けると、最新情報やブログ非公開の話、オフ会情報などを受け取れます。

KAZU
金融基礎知識を身に付けたい方向けに、kazuの金融講座もやってますよ。

ありがとうございました。

Donate with IndieSquare

この記事をみんなとシェアする・・Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkazuをフォローしよう!

10億円集めたクラウドバンクで利回り5.0%の商品に10万円投資してみました

2 thoughts on “10億円集めたクラウドバンクで利回り5.0%の商品に10万円投資してみました

  • 2015年6月27日 at 3:28 PM
    Permalink

    クラウドバンクに興味があります。
    信託投資?の経験がないので不安は少なからずあります。

    お聞きしたいのですが、「保証有」「担保有」の二点が保障されているということは運営側であるクラウドバンクさんが「何かあった場合に、何が何でもお金を巻き上げて必ず返金致しますよ!」という解釈でよろしいでしょうか?

    また、初心者が考えるべくリスクなどありましたら教えていただけないでしょうか?

    Reply
    • 2015年6月27日 at 4:50 PM
      Permalink

      OHKAWAさん
      初めまして!
      ご質問の回答ですが、「保証有」については”クラウドバンクさんが〜”という点が違うと思われます。
      「保証有」ではクラウドバンクが保険会社に保険料を支払っており、仮に融資先が倒産などあった際でも保険会社から元本回収出来るものとなるはずです。
      ただ保険料を支払うため、利回りは低下するデメリットがあります。
      「担保有」では、融資先が不履行になった場合にクラウドバンクが担保を差し押さえます。
      しかし全額回収出来なければ、それは出資者に損失を補填してもらう必要があり、そのリスクがクラウドバンクの高い利回りの源泉になっています。
      投資先としては新しいジャンルであり魅力的なのは確かですが、初心者であれば案件の分散と、資金を注ぎ込み過ぎないようには注意しましょう。
      コメントありがとうございます!

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*