ウチの会社、英語公用語化します

最近はCFA(米国証券アナリスト)の学習記事が多かったのですが、最近会社でも変化点が。

実は先日から、会社で英会話教室が始まりました。

なんと2018年から、勤務先の会社で「英語公用語化」が始まるのです。

 

と言っても目先は、海外事業所との電話会議や、打ち合わせするときだけなんですけどね。笑

英語力底上げのため、海外と関わって仕事している人を中心に、毎週1時間のマンツーマン英会話教室がスタートしたのです。

英語学習は10万円あればOK

そんなこともあったので、今回は「英語勉強法」について。

正直今の時代、英語を話せるようになるために必要なコストは、どんなに高くとも10万円だと思います。

コツはもちろんありますが、基本は努力次第。

実際自分も29歳で始めて英会話教室を初体験していますが、これまで7,000円くらいの投資だけで、仮想通貨など好きなテーマなら40分くらいフリートーク出来る語学力は身に付きました。

もっとブラッシュアップするためには追加投資が必要ですが、それでも安くてクオリティの高いサービスも増えているおかげで、MAX10万円で英語はかなり喋れるようになると感じました。

以下では自分がやってきた勉強法と、これから始めようとしている学習ツールについて紹介します。

コスパで考える英会話教室

学習ツールについて紹介する前に、会社で受けているマンツーマン英会話教室について。

 

授業内容は、大体40分くらいフリートークして、残り20分くらいでテキストを進める感じです。

本業と全く関係ないですが、アフィリエイトやウェブビジネス、仮想通貨などについてフリートークしてます。

費用は会社負担ですし、まるでオフ会やっているかのようで楽しいのですが、やはり気になるのはコスパです

マンツーマン(プライベートレッスン)の英会話教室の料金を調べたところ、以下のようになっていました。

教室名 料金(1レッスン)
イーオン  7,800円/40分
ECC 16,740円/80分
シェーン英会話 7,139円/40分
ノバ 5,000円/40分
ベルリッツ 7,660円/40分
Gaba 7,668円/40分

大体6,000〜8,000円/40分くらいしていて、めちゃ高くありません?

今回6ヶ月コースを受けさせて貰っているので、大体1万円/60分×24週=24万円くらいのコストが掛かっている計算です。

あとで紹介しますが、英会話教室も良いサービス出てきているんですよねー。

7,000円で出来る英語勉強法

まずは自分がこれまでやってきた7,000円勉強法を紹介すると、以下の通りです。

モチベーションを買う:1,500円

リスニングやスピーキング能力を上げる英語勉強法について、まとめてあるビジネス書です。

自分はその中でも書かれていた、”超簡単な日本語を英語に一瞬で翻訳し、声に出すトレーニング”を、ひたすら繰り返しました。

英会話って、文章に書かれると1秒で理解出来る内容なのに、話すのは難しいですよね。

それは1秒で文章にして声に出すのは、トレーニングが必要で、日本の英語教育ではそこが強化されてこなかったんです。

ちょっと考え方を変えるだけで、日本人は6年間も勉強して基礎力高いので、英語は話せるようになります。

瞬間英作文(どんどん):1,800円

超簡単な英作文作りは、「瞬間英作文」シリーズでトレーニングしてきました。

特に一番簡単な”どんどん”シリーズでは、10回くらい繰り返しやってきたと思います。

リスニングで日本語を聞いて、すぐに、滑らかに英語が出て来るようになると、もう英語がそれなりに話せるようになっていました。

瞬間英作文(スラスラ):2,000円

どんどんシリーズの次のステップは、”スラスラ”です。

前作と比べると文法がシャッフルされており、文法もやや複雑なものを”瞬間”で英文を作るトレーニングを行います。

 

 

・・・自分がやってきた英語勉強法は、ホントにこのくらいです。

下記のような簡単な日本語を、瞬間英作文するだけで、劇的に話せるようになりました。

14970521852280

Kindle・audibleなど:1,300円

あとはamazon.comで電子書籍を買ったり、オーディオブックという本を音声にしてくれるサービスを使ったりしました。

この辺は趣味の範囲ですが、ちょっと難しくてあまり効果はなかったと思います。笑

 

ちなみに上記電子書籍は、英会話教室の先生が本を貸してくれたので、最近読んでいます。

「週に4時間だけ働く。」という、自分の理想に合っている本です。笑

 

ここまでが、自分がやってきた、7,000円勉強法でした。

検討中の英語学習webサービス

英語学習のネックは飽きちゃうこと

英語学習で一番問題だと思っているのは、勉強に飽きちゃうことだと思っています。

ダイエットだってそうですよね。

良かれと思っていても、結局つまらないことは、続かないんです。

そこでオススメしたいのは、ネット時代にふさわしい、web英語学習サービスです。

スタディサプリENGLISH(980円/月)

Screenshot 2017-06-10 at 10.56.21

進研ゼミを展開するリクルートが展開する「スタディサプリENGLISH」です。

CFA(米国証券アナリスト)試験勉強もそうでしたが、基本的に、スマホでのスキマ時間学習が一番効率的だと考えています。

スタディサプリは音声認識技術を導入しており、スピーキングレッスンも出来ます

さすが受験生向けの進研ゼミを運営しているだけあり、ユーザーを飽きさせない仕組みがしっかりしている印象でした。

 

2017/6/28(水)12:00までは月額料金600円+先着でamazonギフト券1,200円分貰えるキャンペーン中です。

自分はとりあえず無料お試しして、良ければ有料コースやってみたいと思います。

 

ベストティーチャー(9,800円/月)

Screenshot 2017-06-10 at 11.36.41

ベストティーチャーはオンライン英会話スクールで唯一、英文添削等をしてもらえるサービスです。

 

Web教材を元に最大5往復の英文チャットを行い、最後に自分の英文を添削してもらいます。

Screenshot 2017-06-10 at 11.47.06

様々なビジネスシーンを想定したWeb教材でチャットしたあとは、

  • 添削された英文と音声で繰り返し復習
  • 自分オリジナルとなった教材を元にスカイプレッスン

という流れで、自分が実際に使った英語をブラッシュアップさせていくことで、英語力アップを図れるサービスとなります。

月額9,800円とやや高いのが難点ですが、英語添削があり、何回でもレッスン出来るのは魅力的です。

無料体験もあるので、一度試してみたいと思います。

フラミンゴ(2,000円/h)

Screenshot 2017-06-10 at 12.03.27

フラミンゴは2016年にローンチした、外国人講師とのマッチングアプリです。

まだ講師数は全国で250人ほどと少ないですが、中間マージンをなくし、2,000円/hという低価格でマンツーマンレッスンが出来る点は魅力です。

こういった英会話教室を変えるサービスが、もっと流行るといいなと常々思っています。

英語上達の秘訣

このように、10年前と比べると格段に英語学習機会って広がっているんですよね。

特に日本は、勉強出来る環境(スマホだったりインターネット環境だったり)がしっかり整っています。

 

話せるかどうかは、海外に留学した経験があるかどうかではありません。

日本を一歩も出なくても、十分に英語を話せる環境があります。

英語上達の秘訣は、勉強をするのか、しないのか。それだけだと思いますよ!
価格満足度No1

最後までご覧頂きありがとうございました

このブログを書いているのはこんな人です。良かったらプロフィールをご覧くださいね。

会社員投資ブログは【こちら】

最新情報もSNSで配信中!

ブログ以外でも、

やっています。フォロー頂けると、最新情報やブログ非公開の話、オフ会情報などを受け取れます。

KAZU
金融基礎知識を身に付けたい方向けに、kazuの金融講座もやってますよ。

ありがとうございました。

Donate with IndieSquare

この記事をみんなとシェアする・・Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkazuをフォローしよう!

2018年に英語公用語化??純ジャパの僕が始めた勉強法を公開します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*