現物の裁定取引”せどり”

金融市場において、取引所によっては同じものが違う価格で売買されるケースがあります。

こういった状況において安い値段で取引されている方で買い、高い方で売ることによって確実に利益を上げる取引を、”裁定取引”といいます。

IT技術の発達と、インターネットを介した低コストな売買により、大きな裁定機会が得られることはほとんどなくなってしまいましたが、今でも証券会社の自己売買部門などでチマチマ行われています。

金融の世界では効率的な市場が作られつつありますが、一方で現実の物品取引においては、まだまだ裁定取引の機会は多く存在します。

今回はその代表例の一つである”輸出せどり”で、在庫リスクを負わない受注後仕入れにトライし、iPhoneケースで初取引を行いましたので、以下で事前準備→商品選定→受注→発注→出荷までの流れを紹介したいと思います。

事前準備

どんぶり勘定でやっても良かったのですが、証券アナリストを目指す自分としては、せめて入出金明細は作ることにしました。

また今後複数商品を出品していくことを考えると、入出金明細からピボットテーブルしたときに、商品ごとに収支がどうだったかを把握できるとカッコいいです。

そこで入出金明細の項目には、製造業でよく使われるプロジェクト管理方法である”作番”を使い、製品別に収支管理できるようにしました。

Screenshot 2015-11-28 at 19.15.42

D列が作番です。

実際のgoogleスプレッドシートでは、「作番台帳」シートを別に用意し、SE2001の作番では型番〇〇の△△製iPhoneケース、という情報を整理しています。

(同期と一緒に始めた経緯から「担当」項目を設定したり、領収書を管理するための「証書No.」項目、領収書のPDF、jpegファイルをgoogleドライブの共有フォルダで管理したりしています。)

これらの入出金情報を、ピボットテーブルを使い整理すると、下記図のように表示されます。

Screenshot 2015-11-28 at 19.25.04

これで商品が増え、入出金が増えていったとしても、作番ごとに利益状況がどうだったのかを簡単に把握することができます。

商品選定

次に商品選定です。

初せどりということもあり、在庫リスクを負わずに利益を上げられるような商品を探すことにしました。

商品選定にあたって、注意した点は下記3つです。

  • 海外では売られていないが日本では入手可能
  • 市場価格差が大きい
  • 送料など含めても利益が出せる(小さくて高価格)

以上から、日本ブランドであるサンリオキャラクターをデザインにした、iPhoneケースを5点ほど出品してみることにしました。

※実際には在庫リスクを負わないため、無在庫でのせどりは出品できるだけ出品し、受注数を上げることが収益化への近道になります。

受注はアメリカの楽天”eBay”

今度は受注を取るため、出品を行いました。

販売チャネルは多いほどいいのですが、アメリカのAmazon.comは売上の受取りに法人銀行口座が必要であり、今回は断念。

アメリカ最大のオークションサイトであるeBayは、PayPalを使い円送金が可能なため、eBayでの出品を行うことにしました。

さすがに英語での商品登録には手こずりましたが、何とか出品。

偶然にも5日ほどで、しかも70ドルという高価格で落札されました。

せどり界にもビギナーズ・ラックは存在するようです。

eBayへは落札価格の10%、7ドルを先に払いました。

日本Amazonで発注

売り手が付いたことで、安心して発注が出せます。

発注先はお馴染みのショッピングサイト、日本のAmazon。

3627円で対象のiPhoneケースを注文しました。

これが70ドル(123円換算でも8610円)で売れるとは・・。

ニューヨークへ向け出荷

最後に出荷です。

AmazonからiPhoneケースが届くと、荷姿そのままで最寄りの郵便局へ

Amazonといえばやたら箱サイズが大きいことでご周知だと思いますが、今回も箱サイズは大きめでした。

箱から現品を取り出し、パッキンなどで包んで発送すれば2〜300円安くなったと思いますが、初心者としては安心・安全のAmazon箱のまま出荷することにしました。

小形包装物(書留付き)で、1100円を払い、ニューヨークへ発送しました。

あとは、入金待つのみ

相手に商品が届くと取引完了で、入金がされます。

今回のケースはかなり上手く行った方とはいえ、Amazonの商品を横流ししただけで2980円(売上8600円-費用5620円)の利益を出すことができました。

怪しい情報商材など買わなくても、ちょっとした英語が出来れば無リスクで参入できるので、小遣い稼ぎしたい方にはよさそうです。

大学生のときにこの手法知っていれば、相当ハマったと思います。笑

別記事:googleスプレッドシートで輸出せどりの損益分岐点をシュミレーションしてみた

最後までご覧頂きありがとうございました

このブログを書いているのはこんな人です。良かったらプロフィールをご覧くださいね。

会社員投資ブログは【こちら】

最新情報もSNSで配信中!

ブログ以外でも、

やっています。フォロー頂けると、最新情報やブログ非公開の話、オフ会情報などを受け取れます。

KAZU
金融基礎知識を身に付けたい方向けに、kazuの金融講座もやってますよ。

ありがとうございました。

Donate with IndieSquare

この記事をみんなとシェアする・・Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkazuをフォローしよう!

受注を受けてから仕入れする!無在庫・輸出せどりをやってみました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*