2018年最強の副業は仮想通貨!

金融女子も関心はあるけど・・

先日カフェでブログ書いていると、銀行(信用金庫?)と証券会社の営業らしい女子二人の会話が聞こえてきました。

話題の中心は、「ビットコイン」と「副業」について。

こういう話を聞くと、女性って仮想通貨みたいに大きなトレンドには敏感だなー、と思うんですよね。

ただ残念だったのが、彼女たちの頭の中が下記図のようになっていたことです。

”現状維持思考”です。

<興味・関心>

  • ビットコイン盛り上がって面白そうだな
  • 儲かるらしい
  • やってみたい気持ちもある

と、仮想通貨に関心を寄せる金融女子たちですが、

<現状維持する理由>

  • 難しそう
  • リスクも高そう
  • 自分はポイントサイトでいいかな

と理由をつけて、先に進めていなかったのです。

そして引き続き、友達紹介で収入を増やすポイントサイト(2013年頃からOL同士で流行ってます)を続けようとしているのです。

でも、本人たちも薄々気づいているはずなんですよね。

ポイントサイトは副業として有利なのか?

上の図を見てください。

  • 既にポイントサイトは飽和状態
  • これから新規で入る人は少ない
  • 紹介ポイントも減額傾向

というのが、ポイントサイトの置かれた状況なのです。

ポイントサイトで先行者利益をゲットしたブロガーさんをフォローして、マネして満足しちゃうのは、とても勿体無いと思います。

一方、仮想通貨はどうでしょうか?

今からでも十分伸びる仮想通貨市場

2017年は投資経験者層が仮想通貨を始めましたが、まだまだ黎明期です。

同じ分野のFX(外国為替証拠金取引)市場が、売買高200兆円/月と言われています。

一方仮想通貨市場は、2017年12月時点でも14兆円/月ほどしかありません

 

だって周りをみても、ビットコインやってみたい人たくさんいますよね?

ニーズがあるのに、近くに聞ける人がいないから、みんなが踏み出せてないだけのです。

仮想通貨はアフィリエイト報酬も良い

また、仮想通貨のアフィリエイト報酬(ブログ経由で口座開設してもらうと発生する報酬)は高騰中で、一件5,000円、10,000円はザラです。

実際に仮想通貨を取引しているのは日本人口の1%くらいですし、まだまだのびしろ、チャンスがあります。

だから、今こそ仮想通貨取引を始めて、アフィリエイトで稼ぐ好機なのです。

証券女子はアーリーアダプターになれる

それに、かつて大ブームを引き起こしたFX(為替証拠金取引)だって、火付け役は専業主婦でした。

歴史を振り返ってみても、女性こそ仮想通貨投資やアフィリエイト分野で、ガンガン稼げると思うんですよね。

 

さらに言えば、仮想通貨なんて、株とか為替みたいなものです。

カフェにいた証券会社の営業女子なんて、”仮想通貨の始め方”について調べていないだけ。

やってみれば超イージーモードのはずなんです。

今回はそんな証券営業女子たちが仮想通貨を始めるメリットと、その始め方について紹介したいと思います。

証券営業女子が仮想通貨を始めるべき理由

①金融商品取引法の有価証券に当たらない

始めるにあたり気になるのが、やはり法律だと思います。

2018年1月現在、ビットコインやその他仮想通貨(オルトコインと呼ばれています)は、金融商品取引法の「有価証券」対象として挙がってきていません。

つまり、現時点は法律面でも取引してOKということになります。

日本証券業協会に属する証券外務員は、有価証券の自由な売買が出来ませんからね。

金融商品取引法の有価証券とは、下記のようなものがリストアップされています。

  • 株式
  • 投資信託
  • 社債
  • 変額年金保険
  • 金利スワップ取引
  • 天候デリバティブ取引など

ただし、金融商品取引法は改正が非常に多い法律のため、仮想通貨投資を始めるにあたっては必ず確認してくださいね。

②お客さんとの話のネタになる

外交先のお客さんのところで、仮想通貨の話になったことありませんか?

フィンテックやIoT関連ファンドを買ってもらうのに、そのど真ん中にいる仮想通貨・ブロックチェーン技術に触れていないのは機会損失だと思います。

「私も今後はフィンテックだと思っていて、googleが出資するリップルという仮想通貨を持っているんですよ〜」なんて言ってみてください。

ファンドの将来性にホントに期待している熱意を、お客様に伝えるきっかけになると思いますよ。

③仕組みは株・為替と同じ

証券会社の方なら、株式投資までの流れなんて復習するまでもありませんが、下記となっています。

  1. 日本円入金
  2. 株式購入
  3. 株式売却
  4. 日本円出金

仮想通貨だって同じ流れです。

  1. 日本円入金
  2. 仮想通貨 購入
  3. 仮想通貨 売却
  4. 日本円出金

言葉が株式から仮想通貨に変わった、ただそれだけですね。

ですので、仮想通貨取引所に入金すれば仮想通貨は買えますし、出金指示をすれば、自分の持つ銀行口座にお金が戻ってきます

④スマホだけで売買出来る

仮想通貨は口座開設だけでなく、トレードもスマホだけで行うことが出来ます。

別にパソコンを持っている必要はないんですよ。(もちろんあった方が良いです。)

実際自分の会社でも、55歳のおっさんが、意気揚々とスマホでの仮想通貨トレードをやっています。

⑤口座開設は10秒で出来る

口座開設も、最速の取引所では10秒で口座開設が出来ます。

私のオススメは、セキュリティに力を入れている国内最大手取引所、ビットフライヤーです。

⑥ビットコインは2000円から買える

また仮想通貨の王様ビットコイン(BTCと略されます)は、1BTC=180万円ほどしますが、0.00000001BTCまで分割が可能です。

つまり、1円単位で売買ができます

最低取引単位を0.001BTCと定めている取引所も多いですが、それでも2,000円ほどです。

2,000円ほどの少額から始められるのであれば、かなりハードルは低くなりますよね。

⑦ポイントサイトよりお得に買い物出来る

ポイントサイト節約より効果的!Amazonで10%以上値引きする方法など

ビットコインを使ったサービスは多々ありますが、Purse.ioというWebサービスはすごいです。

何と言っても、ビットコインを支払い手段として使うことで、Amazonの商品をなんでも10~20%引きで購入できるからです。

仮想通貨が流行ってくると、ポイントサイトが廃れると考えているのは、こういった構造的な問題を抱えているからですね。

⑧ビットコインで決済も出来る

ビックカメラのようにビットコインで直接決済が出来る企業も増えていますが、正直まだまだです。

ただ先ほどのコインチェック取引所では、ビットコインでチャージ出来るVISAプリペイドカードを発行しています

(プラスチック型のカードは発行手数料300円掛かります)

国際ブランドのvisa加盟店であればどこでも使えるため、「ビットコインはどこでも決済手段として使える」と言っても過言ではありません。

⑨送金にも使える

仮想通貨には、送金機能があります。

銀行口座番号にあたる「アドレス」という文字列があり、”○×○▲※■×というアドレスに1ビットコインを送金して”と送金指示を行うことで、ビットコインやその他仮想通貨の送金処理ができます

みずほ銀行から三菱東京UFJ銀行へ振り込むようなイメージで、取引所をまたいでも問題なく送金ができます。

 

ただ日本では銀行振込が500円も掛からないので日常的なメリットは正直ありません。

しかし、信用力が低く銀行口座が持てなかった層はどうでしょうか?

誰でも発行出来る仮想通貨アドレスがあれば、物販だってプログラミングの受託開発ビジネスだってスタートできるのです。

他にもフィリピンの出稼ぎ労働者が、低コストで母国へ送金出来る手段として使われています。

⑩取引所間の価格差で稼げる

また、仮想通貨取引は相対(あいたい)取引が主流です。

そのため、取引所によって価格が異なることを利用し稼ぐ人も多く存在します。

日本国内の価格差は縮小傾向ですが、海外取引所(ドルベース)との価格差は依然存在します。

取引所間の裁定取引方法やリスクについては、下記記事でまとめていたので、詳しくはチェックしてみてください。

まだ株式市場で消耗してるの?ビットコインの〇〇で99%儲ける方法を紹介

⑪草コインで50倍もあり得る

笑う表現(ウケるww←みたいな)を”草を生やす”と言うネット上のスラングがあります。

同様に、笑っちゃうような仮想通貨は、「草コイン」と呼ばれ、一種のネタにされてきました。

(例えばバナナに投資するバナナコインとかw)

しかし仮想通貨バブルの影響で、こうした草コインまでも高騰し、2週間足らずで50倍に値上がりする仮想通貨も出てきました

世界最大の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)のメリット・デメリット、口座開設まとめ

明らかにバブルでしょ、というレポートを書きましたが、市場が拡大するのであれば、まだ50倍通貨への投資機会もあるかもしれません。

当ブログから引用

もう一つは、200万円ほどお金を借り、アルトコインに分散投資することです。
ビットコインの急騰が始まっていますが、いづれはここで得た利益が、アルトコインに流れこむと思います。
様々なアルトコインに分散投資しておき、値上がりのタイミングを待てば、2年以内には5倍の1000万円になっているかもしれません。
借金は月々10万円返済していけば、利息含め240万円以内には収まると思います。

:2016/5/30 ブログ読者からのコメント返信より

ちなみに2016年5月に推し通貨として挙げたNEMに200万円投資していると、2018年1月現在で10億円以上になっている計算です。笑

値下がりリスクも高いですが、仮想通貨のリターンは桁違いだと思います。

⑫市場の歪みで稼げる

 

最後に、草コインバブルで生じている市場の歪みを使い、ローリスクで利益を上げる方法もあります。

為替であれば上記図のような取引で、利益を上げる取引です。

もちろんリスク等もありますし、市場の歪みがなくなれば旨みなくなりますが、気になる方は下記記事を参考にしてください。

仮想通貨の3通貨間アービトラージ戦略って?裁定取引が出来るバイナンスで稼ぐ方法

まとめ

いかがでしたか?

金融知識を既に持っているのに、アドバンテージを活かさず仮想通貨を始めないのは、あなたにとって大きな機会損失です。

  • ①金融商品取引法の有価証券に当たらない
  • ②お客さんとの話のネタになる
  • ③仕組みは株・為替と同じ
  • ④スマホだけで売買出来る
  • ⑤口座開設は10秒で出来る
  • ⑥ビットコインは2000円から買える
  • ⑦ポイントサイトよりお得に買い物出来る
  • ⑧ビットコインで決済も出来る
  • ⑨送金にも使える
  • ⑩取引所間の価格差で稼げる
  • ⑪草コインで50倍もあり得る
  • ⑫市場の歪みで稼げる

と、証券営業をやってきたあなたなら、少し学んだだけで仮想通貨の大枠とメリットを理解できたはず

バブル化しているのは確かですが、2018年もチャンスが続きそうな仮想通貨市場。

この機会に、仮想通貨デビューをしませんか?

とりあえず始めてみるなら、国内最大手のビットフライヤーがオススメです。

最後までご覧頂きありがとうございました

このブログを書いているのはこんな人です。良かったらプロフィールをご覧くださいね。

会社員投資ブログは【こちら】

最新情報もSNSで配信中!

ブログ以外でも、

やっています。フォロー頂けると、最新情報やブログ非公開の話、オフ会情報などを受け取れます。

KAZU
金融基礎知識を身に付けたい方向けに、kazuの金融講座もやってますよ。

ありがとうございました。

Donate with IndieSquare

この記事をみんなとシェアする・・Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でkazuをフォローしよう!

証券営業女子がビットコインを始めないのは機会損失だと感じた12の理由

3 thoughts on “証券営業女子がビットコインを始めないのは機会損失だと感じた12の理由

  • 2018年1月15日 at 8:54 PM
    Permalink

    Kazu sama

    再度のコメントで失礼します。下の
    新しいコメントをメールで通知
    新しい投稿をメールで受け取る
    にチェックを入れて、飛んで来たメールでフォロー確認しました。

    如何でしょうか。

    Reply
    • 2018年1月15日 at 9:44 PM
      Permalink

      noriさん

      「仮想通貨一年生向けメルマガ」という入力BOXに、メールアドレスとお名前を入れて頂くことで、メルマガ登録完了となります。
      こちらの記事最後に入力欄ありますので、お手数ですが、ご確認ください。

      Reply
      • 2018年1月15日 at 10:33 PM
        Permalink

        Kazu sama

        ありがとうございます。登録させて頂きました。URL送られて来ました。

        シート、メルマガ拝見させて頂きます。

        今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*